MENU

プール監視員のアルバイト経験

大学生の夏休みには必ずと言って良い程、プール監視員のアルバイトをしていました。なぜこのアルバイトをしたのかと言うと、暑い時期なので海パンでいられることと、可愛い水着のお姉さんを見つけて目の保養にすることと、日中外で監視していますから日焼けするのに適していることです。 プールの監視員は人気が高く、夏の時期早く見つけないとすぐに埋まってしまいます。近所のプールが埋まってしまったら隣町のプールに募集したりととにかく夏のバイトはプールの監視員になりたかったのです。 一生懸命プールの監視員のバイトを探したおかげで大学4年間ともプールの監視員のバイトが出来ました。 実際に仕事は楽です。一日の流れとしてはプールが開く前に集まって、軽いミーティングをした後でプールや施設内の掃除をして水を注入してお客さんを施設内に入れます。そこからは基本的に皆が遊んでいるのを監視というか眺めているだけです。迷子やちょっとしたいざこざなどもありましたが、それ程苦にもなりませんでした。 そして監視員をやって一番の収穫は彼女が出来たことです。監視台で監視していた時に同じ年位の女の子から売店の場所を聞かれたので教えてあげると感謝されたことで、彼女がプールに来るたびに挨拶してくれたことから仲が良くなっていきました。そして見事付き合うことになったのです。出会いの場としても監視員は絶好の仕事と言えます。また仕事仲間も良い人達ばかりで楽しかったです。学生時代に戻れるならばまたプールの監視員やりたいですね。

とある清掃業界でのお話

以前十年ほど勤めていた某清掃会社でのお話です。 そちらでは営業と実際の清掃作業、アルバイトの手配などを行っていました。 会社では他にマット交換などの業務もあり、そちらでは土日祝が休みとして決まっていましたが、清掃のほうは一般家庭の掃除などもあって土日は稼ぎ時で休めません。 できるだけ土日はアルバイトを使って回していくのですが、土日の時給が特に高いわけでも無く、休みたがる方も多かったので社員が出る羽目になることが多かったです。 振替休日を二ヶ月まで後回しで取れるのですが、平日休みを入れると支店長が嫌な顔をするので(ご自分は土日祝と休んでいますのに)なかなかそうはいきません。 何時から何時まで働いたかの改竄も日常茶飯事でしたし、よく働いてくれるアルバイトの方を一、二週間連続で勤務させるということもよく行われていました。 それでは監査が来た時に怒られるので、連続で働いていたアルバイトに命じてタイムカード(正確には勤務報告書という名前でしたが)を書き直させる始末でした。 他に多いのはお客様の物品の破損です。 エアコンの清掃作業では、各家庭でエアコンを分解して洗浄するのですが、分解時にあまり壊れても解りにくい場所(化粧パネルの裏側・風を送る羽根)などを壊してしまってお客様にバレていなかったらこっそりとテープで補強、またはそれすらもせずに組み立ててしまったりしました。あまり目立たない場所なのでバレていなければいちいち報告しなくてもいい、というのが先輩社員から教わったことです。 エアコン洗浄の廃液もそうですが、業者を呼んで回収してもらわないといけない廃液をそのまま下水道に流して捨てていました、いつか川で魚が大量死!などといったニュースになるのではないかと当時は心配していました、もっともこちらについては私が辞めた後ですが改善されて今では業者を呼んで処理していただいているそうです。 意外とそういったゴマカシは大なり小なりあるので、もしお掃除を頼まれた場合は作業者には疎ましく思われるでしょうがそっと作業を観察してみておくことをお勧めします。 楽なバイト